避妊手術は病気予防|愛犬のヘルスケアはマスターの役目!

飼い主と犬

CONTENTS

避妊手術の方法

チワワ

現在行なわれている避妊手術は比較的簡単な手術のため、飼い主さんも安心して病院側に任せることが出来るようになっています。病院側も愛犬にもしもの自体がないように、慎重に手術の準備から手術後まで対応してくれます。

詳しくはこちら

管理して健康を守る

家族と犬

動物の避妊手術は手術後に様々な変化を与えます。発情することがなくなるので、その分食欲旺盛になってしまう場合や運動量が減り、かなり太りやすくなります。飼い主さんが注意して管理してあげることが大切です。

詳しくはこちら

責任ある立場

ダックス

愛犬や愛猫に避妊手術を受けさせるのはとても大切です。避妊しておらず子犬や子猫が生まれて来た場合はその生命に責任ある行動を取らなければなりません。しっかりと飼い主さんが愛犬の事を考えて行動してあげましょう。

詳しくはこちら

愛犬と避妊手術

プードル

日本では犬をペットとして家族に迎えるという家庭も多いため、犬の健康管理などに気を遣っている方も少なくないでしょう。
とくにワクチン摂取や避妊などは買い主がしっかりと行なわなければならない大切な義務です。
ワクチン摂取はしっかりと行なっておかなければ、狂犬病などの恐ろしい病気にかかった際に大変なので必ず行なうように義務付けられています。
また、避妊は愛犬のためにも必要なことだと言えます。
とくに、メス場合は不妊娠手術と言い、将来かかってしまう可能性のある子宮の病気や乳腺腫瘍などの病気の予防になりますし、オスの去勢手術の場合は前立腺関係の病気や精巣、肛門周辺にできる腫瘍などの病気を事前に予防する事が出来ます。
健康のために去勢手術を行なうという飼い主さんも少なくありません。

去勢手術や不妊娠手術を行なう際には始めての発情あの生後3ヶ月から5ヶ月が良いとされています。
とくにメスの場合、この時期に行なっておけば乳腺腫瘍の発生率をかなりおさえる事が出来る用になっているので、しっかりと避妊手術を考えてあげましょう。
愛犬の体の負担を気にして避妊手術をためらってしまうという方も多いですが、現在ではしっかりとした設備で愛犬の負担にならない手術を行なえるようになっているため、安心して手術を受けられます。
避妊手術は愛犬の健康を守って上げることにもつながるので、愛犬の健康を考えるのであれば、手術を受けさせてあげる事が大切です。

RECOMMEND LINKS